タグ別アーカイブ: featured

スペインでの4日間ステージレースを終え、メディアキャンプへ参加中

3月8日から11日まで、4日間にわたりスペイン・バレンシア地方で開催された「セティマーナ・チクリスタ・バレンシアーナ」。萩原麻由子のウィグル・ハイファイブは第3ステージの2位(ジョルジア・ブロンジーニ)の成績が最高位で、萩原麻由子は総合成績59位でレースを終えました。

風邪による体調不良を抱えながらも、チームの好成績を支えた萩原は現在、スペイン・マヨルカ島で開催されているチームのメディアキャンプに参加中。体調を万全に整え、次戦に挑みます!

●萩原麻由子のコメント
今年から新しく始まったこのレース。3月の欧州らしからぬ、真夏同然の気候の中、4日間のステージレースを終えました。

同週末にオランダでワールドカップが開催されていた為多くの主要チームや主要メンバーがそちらに集中していたため、集団の難易度は何時もよりも低めでした。 しかし自身は初日から風邪を引きコンディションが悪く、チームに良く貢献できず、ミスを犯してしまったり…つまりは良い仕事ができませんでした。

チームとしては初日のTTTにノーマルバイクで参戦、そして練習なしのぶっつけ本番ながら、4位と少々の出遅れで収められたことは良かったです。 しかしその後のステージでは勝利を逃し、ステージ優勝すらなりませんでした。 個人としても、チームとしても、あまり上手く噛み合わなかった週末となりました。

しかし失敗もしましたが、チームとして幾つか実戦でトライする事ができたのは良かった点でした。 落ち込んでいる体調を整え、今後のレースへ備えます。

●リザルト
第4ステージ区間成績
1 BOYLAN Lydia Team WNT Pro Cycling 2:17:56
2 DRUYTS Kelly Sport Vlaanderen – Etixx +0:03
3 ARCHIBALD Katie Team WNT Pro Cycling
4 BRONZINI Giorgia Wiggle High5
75 LICHTENBERG Claudia Wiggle High5
76 CORDON Audrey Wiggle High5
83 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +0:18
101 ROBERTS Amy Wiggle High5 +0:51
102 FAHLIN Emilia Wiggle High5

個人総合成績
1 LUDWIG Cecilie Uttrup Cervélo-Bigla Pro Cycling 7:08:41
2 SIERRA Arlenis Astana Womens Team +0:11
3 MOOLMAN Ashleigh Cervélo-Bigla Pro Cycling +0:20
6 BRONZINI Giorgia Wiggle High +0:27
8 LICHTENBERG Claudia Wiggle High +0:33
25 CORDON Audrey Wiggle High5 +2:15
59 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +6:53
63 FAHLIN Emilia Wiggle High5 +7:26
76 ROBERTS Amy Wiggle High5 +9:47

チクリスタ・ヴァレンシアーナ第3ステージでブロンジーニが2位入賞

3月8日よりスペインを舞台に開催されている4日間のステージレース「Setmana Ciclista Valenciana(UCI2.2)」で、3月10日に開催された87kmの第3ステージで、ウィグル・ハイファイブのキャプテン、ジョルジア・ブロンジーニ(イタリア)がゴールスプリントで2位に入りました。

連日、30度を超す厳しい暑さに見舞われていますが、萩原選手も元気に走り、チームの好成績を支えています。

●第3ステージリザルト
1 SIERRA Arlenis Astana Womens Team 1:55:37
2 BRONZINI Giorgia Wiggle High
3 ARCHIBALD Katie Team WNT Pro Cycling
22 LICHTENBERG Claudia Wiggle High5
42 CORDON Audrey Wiggle High5
57 FAHLIN Emilia Wiggle High5 +0:18
59 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +0:18
60 ROBERTS Amy Wiggle High5 +0:31

●大会情報
「Semana Ciclista Valenciana」
開催国/スペイン  カテゴリー/2.2
3月8日(水曜日)〜11日(土曜日)
ツイッター  twitter.com/SetmanaCiclista
ハッシュタグ #SemanaValenciana

Stage1 – 8 March : Vila-Real TTT, 6.60 km
Stage2 – 9 March : Gandia, 101.00 km
Stage3 – 10 March : Alacant, 87.00 km
Stage4 – 11 March : Valencia, 96.00 km

 

ストラーデビアンケでエリーザ・ロンゴボルギーニが優勝! 萩原の次戦はスペインステージレース

UCI女子ワールドツアーの初戦となるストラーデビアンケがイタリアにて、3月4日に開催されました。トスカーナ地方のシエナをスタート/ゴールとした127kmのレースで、8つの未舗装路区間がコースに組み込まれました。

萩原麻由子のウィグル・ハイファイブは、シーズン初めから好調さをみせる開催国イタリアのエリーザ・ロンゴボルギーニをエースとして参戦。序盤はアタックが決まらず、アップダウンを繰り返す細い道で徐々に選手が振るい落とされましたが、レースは集団のまま進行。そして中盤に起きた落車では、ロンゴボルギーニが巻き込まれ、チームメートのオドレイ・コルドン(フランス)がバイク交換するシーンも。

中盤を過ぎると3選手の逃げが決まりましたが、残り20kmで吸収。そして集団からロンゴボルギーニや昨年覇者のエリザベス・ダイグナン(イギリス/Boels – Dolmans)ら、有力選手5名による先頭集団が形成され、レースが活性化しました。その後、ゴール前500mまで2選手が先行する展開となりましたが、ロンゴボルギーニたちがゴール前、斜度16%の急坂で先頭を捉えると、そのままロンゴボルギーニが力強い走りで濡れた石畳を進み、先頭でフィニッシュラインを越えました。

萩原麻由子は13分15秒遅れの74位でフィニッシュ。思うような走りはできませんでしたが、今後も続くトップレースに向けて、気持ちを引き締めていきます。

萩原麻由子の次戦UCIレースは、3月8日から11日まで、スペイン・バレンシア地方で開催される4日間のステージレース「Samana Ciclista Valenciana」となっており、萩原の得意な起伏のあるコースも組み込まれています。

萩原麻由子のコメント
中盤にある長いダート区間でエースであるエリーザが落車するも、彼女は自転車を変えながら、最後圧勝しました。 私は今日はほぼ良い仕事ができず、辛い日々が続いていますが、今日の優勝でより一層チームの統一感が増したそんな日でした。 選手スタッフ一人一人がそれぞれの仕事を全うし、良い空気が流れたときに良い結果が出ることを回を追うごとに確信します。 そんな素晴らしいチームで働けることを誇りに思いつつ、もっとチームに貢献できるよう頑張らねばと思う今日この頃です。 日曜日にイタリアの国内レースへ出場、その足でスペインへ向かいます。 諦めずにぺダルを踏み続けます!

リザルト
1 LONGO BORGHINI Elisa Wiggle High 3:44:45
2 NIEWIADOMA Katarzyna WM3 Energie +0:02
3 DEIGNAN Elizabeth Boels – Dolmans Cycling Team +0:05
11 LICHTENBERG Claudia Wiggle High +1:09
62 BRONZINI Giorgia Wiggle High5 +10:50
71 CORDON Audrey Wiggle High5 +11:25
74 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +13:15
DNF ROBERTS Amy Wiggle High5

今後のレーススケジュール(予定)
3月8〜11日 Samana Ciclista Valenciana (スペイン、2.2)
3月19日 Trefeo Alfredo Binda-Comune di Cittiglio (イタリア、1.女子ワールドツアー)

ベルギー連戦を終え、女子ワールドツアー初戦「ストラーデビアンケ」出場へ!

萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)の本格的なレースシーズンが始まりました。ヨーロッパ初戦は2月26日にベルギーで開催された「オンループ・ファン・ヘット・ハヘラント」で、萩原選手は終盤までメイン集団に残り、何度も先頭に立って集団を牽引。そして周回コースの最終周では、チームメートのエリサ・ロンゴ・ボルギーニ(イタリア)がアタックをかけ、ラスト300mまで先行。彼女は惜しくも集団に吸収されましたが、そこからトラック競技のスペシャリストでもある開催国ベルギーのジョリーン・ドールがスプリントを開始。見事に勝利を掴みました。ウィグル・ハイファイブにとって嬉しい今季初勝利です!

そして続けて3月1日に出場した同じくベルギーの「ル・サミン・ダム」では、冷たい雨に見舞われ、思うような走りができず、チームともども、良い結果は残せず。気持ちを切り替えて、次戦へと挑みます。


写真:冷たい雨のなかル・サミンの石畳を進む萩原麻由子  (C) Bart Hazen / Wiggle HIGH5

萩原麻由子の欧州3戦目は、今週末、3月4日(土曜日)にイタリアで開催される「ストラーデビアンケ」となります。未舗装路がコースに組み込まれる人気レースで、UCI女子ワールドツアーの初戦です。ベルギーから慌ただしく移動した萩原は、まずはしっかりと休息をとり自身3回目の出場となる「ストラーデビアンケ」に挑みます。


写真:ル・サミンに出場したウィグル・ハイファイブのメンバー  (C) Bart Hazen / Wiggle HIGH5

萩原麻由子のコメント
タイ合宿直後にベルギー入りし、早くも2戦が終わりました。初戦「オンループ・ファン・ヘット・ハヘラント」では、久々のベルギーのレースに苦戦するも、後半少し展開に加われる等、若干の好感触を掴むことができ、チームとしてはエースたちが本領を発揮し、レースの主導権を握って快勝。
次戦の「ル・サミン」では雨と石畳に苦しめられ、展開に微塵も加われず、何の仕事もできず千切れては集団に戻ってを終日繰り返す酷い一日。チームとしても、逃げに誰も送り込めず、その後も機能せず、完全敗者になったレースでした。
自分としてコンディション云々よりも、この種のレースへの闘争心より恐怖心が勝っている状況。冷静になりながらも、時に頭の線を切っていかなければならないこの種のレースへの闘争心を忘れてしまっている自分がいることに気付きます。
反省する間もなくこれからイタリアへ移動、週末の「ストラーデビアンケ」へ参戦します。
またしても難しいレースとなることは承知ですが、ベルギーでの収穫と反省を糧に、チーム一丸となり土曜日再び戦に挑みます。また同レースはワールドツアー初戦。チーム一丸で勝利を狙い挑みます。

大会情報
「Strade Bianche」
開催国/イタリア カテゴリー/1. UCI女子ワールドツアー
3月4日(土曜日) スタート時間 9:30
スタート/フィニッシュ SIENA(シエナ) 127km
公式サイト http://www.strade-bianche.it
フェイスブック https://www.facebook.com/stradebianche
ツイッター @StradeBianche
ハッシュタグ #StradeBianche

リザルト
2月26日「オンループ・ファン・ヘット・ハヘラント」

1 D’HOORE Jolien Wiggle High 3:17:41
2 HOSKING Chloe Alé Cipollini
3 ROY Sarah Orica – Scott
34 LONGO BORGHINI Elisa Wiggle High5 +0:10
37 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +0:40
41 LETH Julie Wiggle High5
80 ROBERTS Amy Wiggle High5 +6:13
DNF GARNER Grace Wiggle High5

3月1日「ル・サミン・ダム」
1 GUTIÉRREZ Shey laCylance Pro Cycling 2:40:21
2 PIETERS Amy Boels – Dolmans Cycling Team
3 CROMWELL Tiffany Canyon SRAM Racing +0:02
19 EDMONDSON Annette Wiggle High5 +2:20
21 D’HOORE Jolien Wiggle High5
29 LETH Julie Wiggle High5 +2:27
59 GARNER Grace Wiggle High5 +3:09
63 GARNER Lucy Wiggle High5
65 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5

今後のレーススケジュール(予定)
3月8〜11日 Samana Ciclista Valenciana (スペイン、2.2)
3月19日 Trefeo Alfredo Binda-Comune di Cittiglio (イタリア、1.女子ワールドツアー)

欧州初戦「オンループ・ファン・ヘット・ハヘラント」でチームの優勝を好アシスト!

2月16日、萩原麻由子にとっての今季欧州初戦「オンループ・ファン・ヘット・ハヘラント」がベルギーで開催されました。

萩原選手は終盤までメイン集団に残り、何度も先頭に立って集団を牽引。周回コースの最終周では、チームメートのエリサ・ロンゴ・ボルギーニがアタックをかけ、ラスト300mまで先行。彼女は惜しくも集団に吸収されましたが、そこからトラック競技のスペシャリストでもある開催国ベルギーのジョリーン・ドールがスプリントを開始。見事に勝利を掴みました! ウィグル・ハイファイブにとって嬉しい今季初勝利です!

萩原麻由子の次戦は、3月1日に同じくベルギーで開催される「ル・サミン・ダム」。ベルギーのレースはけっして得意とは言えませんが、チームの勝利のために一生懸命に走ります。引き続き応援よろしくお願いします!

●リザルト
1 D’HOORE Jolien Wiggle High 3:17:41
2 HOSKING Chloe Alé Cipollini
3 ROY Sarah Orica – Scott
34 LONGO BORGHINI Elisa Wiggle High5 +0:10
37 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +0:40
41 LETH Julie Wiggle High5
80 ROBERTS Amy Wiggle High5 +6:13
DNF GARNER Grace Wiggle High5

●大会情報
「Spar – Omloop van het Hageland – Tielt-Winge」
開催国/ベルギー カテゴリー/UCI 女子エリート1.1クラス
2月26日(日曜日)スタート時間 13:30
スタート/フィニッシュ  Tielt-Winge 126km
公式サイト http://www.cttilt.be

●今後のレーススケジュール(予定)
「Le Samyn des Dames」
開催国/ベルギー カテゴリー/UCI 女子エリート1.2クラス
3月1日(水曜日)  スタート時間 11:00
スタート Quaregnon 〜 フィニッシュ Dour 100.5km
公式サイト www.lesamyn.be

3月4日 Strade Bianche (イタリア、1.女子ワールドツアー)
3月8〜11日 Samana Ciclista Valenciana (スペイン、2.2)
3月19日 Trefeo Alfredo Binda-Comune di Cittiglio (イタリア、1.女子ワールドツアー)

【萩原麻由子 ニュースレター】カデル・エヴァンス グレートオーシャンロードレースで3位入賞、UCI2クラス表彰台へ!

1月28日、オーストラリア・ジーロングを拠点とし113kmのワンディレース「カデル・エヴァンス グレートオーシャンロードレース(UCI1.2)」が開催され、萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)が3位でフィニッシュしました。

レースは終始、強い横風が吹き付け、またアップダウンの多いコース設定ということもあり、非常にタフな展開となりました。ウィグル・ハイファイブはチームワークを駆使して走り、終盤にエマ・プーレイ(イギリス)が単独で先行する危険な展開となりましたが、残り4.5km地点で4選手の追走集団に萩原を送り込むことに成功。萩原たちは残り2.5km地点で先行していたプーレイを捉えると、5選手でのゴールスプリントの展開となりました。

そして、抜群のスプリント力を見せたのは、リオ五輪ロードレースで激しい落車をしたアンネミエク・ファンフレウテン(オランダ、オリカ・スコット)。彼女が少し後続を引き離す形で先着し、萩原は3位でフィニッシュ。表彰台に満面の笑顔で立ちました。

不調に苦しんだ2016シーズンでしたが、諦めることなくトレーニングを重ねてきた萩原。2017シーズンを迎え、真夏のオーストラリアで復調の兆しとなる素晴らしい成績を残しました。

次戦は、2月26日のクラシックレース「Omloop van het Hageland-Tiel-Winge (ベルギー、1.1)」の予定です。より良いコンディションをもって活動拠点となるヨーロッパでの初戦を迎えるために、それまでの約1ヶ月間は自主キャンプを行っていく予定です。


写真:2位グループのゴールスプリントで2着に入った萩原麻由子  (C) Bart Hazen / Wiggle HIGH5

萩原麻由子のコメント
豪州遠征最終戦のカデル・エバンス グレートオーシャンロードレースにて3位入賞することができました。これはチームの万全なサポートを受け、またチーム力がもたらした結果だと思っています。

今日のレースは風が強く、横風区間での集団分裂が危惧されていたとおりに起き、たびたび後方集団に取り残されましたが、常にチームメイトがサポートしてくれ、先頭集団に戻ることができました。

そして最後30kmから始まる起伏のある区間では、自分の今持っている力試すことができました。最後はやはり力の差で3位に甘んじましたが、初戦のサントス・ウィメンズツアーから、トップコンディションではないなかで、最低限ポディウムに乗れたことは正直ほっとしています。そして昨年の体調不良からの復帰と、これからのシーズンへ向けた良い景気づけとなりました。

またこの結果は、チーム一人一人の力はもちろん、オーストラリア滞在期間中、入念にチームで試走できたことがとても有利に働いたと思います。そして滞在中に深まったチーム全体の良い雰囲気も影響しました。改めて自転車はチーム競技であり、その素晴らしさ、重要さを実感した日でした。これから欧州シーズンまでの期間、もう一つ練習し調子を作り、厳しい欧州シーズンへ備えます。


写真:強い風が吹く海沿いの道を使って繰り広げられたカデル・エヴァンス グレートオーシャンロードレース  (C) Bart Hazen / Wiggle HIGH5

萩原麻由子、ウィグル・ハイファイブのリザルト
1 VAN VLEUTEN Annemiek Orica – Scott 3:04:13
2 WINDER Ruth UnitedHealthcare Pro Cycling Women’s Team
3 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5
11 EDMONDSON Annette Wiggle High5 +0:33
15 LETH Julie Wiggle High5
47 CURE Amy Wiggle High5 +1:50
53 ROBERTS Amy Wiggle High5 +4:19
74 GARNER Grace Wiggle High5 +11:28

大会情報
「Cadel Evans Great Ocean Road Race」※UCI 女子エリート1.2クラス
1月28日(土曜日)スタート時間 11:45〜
スタート/フィニッシュ   ジーロングウォーターフロント 113km
公式サイト http://www.cadelevansgreatoceanroadrace.com.au
ツイッター  #CADELROADRACE

今後のレーススケジュール(予定)
2月26日 Omloop van het Hageland-Tiel-Winge (ベルギー、1.1)
3月1日 Le Samyn des Dames (ベルギー、1.2)
3月4日 Strade Bianche (イタリア、1.女子ワールドツアー)
3月8〜11日 Samana Ciclista Valenciana (スペイン、2.2)
3月19日 Trefeo Alfredo Binda-Comune di Cittiglio (イタリア、1.女子ワールドツアー)


写真:カデル・エヴァンス グレートオーシャンロードレースに出場したウィグル・ハイファイブのチームメンバー(C) Bart Hazen / Wiggle HIGH5

豪でのクリテリウム&ワンディレースに出場!

1月26日(木曜日)にメルボルンのF1サーキットで開催されるクリテリウムレース「Towards Zero RACE MELBOURNE」と28日(土曜日)にジーロング近郊での「Cadel Evans Great Ocean Road Race」に萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)が出場します。

1月中旬に出場したサントス・ウィメンズツアーから約1週間、萩原はチームとともに真夏のオーストラリアに滞在し、青い海に囲まれてトレーニングやコースの下見を行っていました。

●レース情報
「Towards Zero RACE MELBOURNE」
1月26日(木曜日)⏰スタート時間 🇦🇺9:30 〜 /🇯🇵7:30〜
メルボルン・アルベルトパーク 5.3km x 12周  63.6km

「Cadel Evans Great Ocean Road Race
1月28日(土曜日)⏰ スタート時間🇦🇺11:45〜/🇯🇵9:45〜
スタート/フィニッシュ   ジーロングウォーターフロント 113km
※UCI 女子エリート1.2クラス

map

公式サイト💻 http://www.cadelevansgreatoceanroadrace.com.au
ツイッター🐦 #CADELROADRACE

●萩原麻由子のコメント
Santos Women’s tour終了から一週間強、豪はジーロング郊外の街に滞在し調整していました。諸事情により、我がチームのみこの期間、チーム監督のホームタウンである地にて、知人の方々宅にホームステイをさせて頂き過ごしていました。

幸い天候にも恵まれ、ステイ先の方々に大変良くして頂き、良い調整ができたことに、とても感謝の滞在となりました。期間中コース試走も済ませました。印象としては予想以上にタフなコース、風向きや強さによってはさらにハードなレースとなることが予想されるコース設定となっていました。

調子は初戦サントスツアー後、少しましになっているので、チームのオーダーに最大限添える形のレースをしたいと思っています。レースは26日メルボルン市内でのクリテリウム、28日ジーロングでのロードレース、2連戦となります。

クリテリウムでは特に、トラックで好調なエドモンソン選手の優勝が期待できるレースなので、それに向けた自分の仕事を最大限できるよう最善を尽くしたいと思っています。28日も同じく、今持っている最善を尽くしてきます。

C2reOqQUkAESjXH

シーズン初戦、サントス・ウィメンズツアーが終了

1月14日から17日まで、オーストラリアで4日間のステージレース、サントス・ウィメンズツアー(UCI2.2)が開催されました。男子のワールドツアーレース、ツアー・ダウンアンダーと同時開催となっており、女子のロードレースカレンダーにおいても、2017シーズン最初のビッグレースとして位置づけられているため、大きな注目を集めました。

連日30度を超える厳しい暑さの中での開催となりましたが、萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)はシーズン初戦として挑み、完璧とは言えないコンディションながらも、チームの好成績に貢献するなど活躍し、無事に4日間のレースを走り終えました。

萩原麻由子のレースレポート
まずは4日間のツアーを無事に終えました。 チームとしては最終日のクリテリウムでEdomonson選手が2位入賞し、シーズン初の表彰台登壇となり、まずまずのスタートを切れたと思います。

チーム自体の参戦も急遽決まったため、あまり良い状態では臨めませんでしたが、そのなかでも、半数が新人で構成された新しいチームとしては、レース中上手く動けたのではと思っています。しかし勝負どころでは調整不足が露呈し、良い結果を出せなかったことは否めません。

しかしオーストラリアのレースは夏季真っ盛りで身体も動きやすく、道も広く走りやすいため、次回もし機会があれば、万全な状態で臨みたいと思いました。 この後チームは豪へ残り、来週のCadel Evans criterium とroad race に参戦します。

始まったばかりのシーズン、レースごとに調子を上げていけるよう頑張りたいと思います。


写真:第1ステージ、終盤に登坂が組み込まれたステージでチーム最上位でゴール  (C) Bart Hazen / Wiggle HIGH5

萩原麻由子、ウィグル・ハイファイブのリザルト
●第1ステージ(Hahndorf  ›  Meadows、106.5km)
1 SPRATT Amanda Orica – Scott 2:51:01
2 ENSING Janneke Alé Cipollini +0:19
3 HALL Katie United Healthcare Pro Cycling Women’s Team +0:59
29 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +1:47
38 LETH Julie Wiggle High5 +2:33
42 GARNER Grace Wiggle High5
69 EDMONDSON Annette Wiggle High5 +3:13
70 CURE Amy Wiggle High5
72 ROBERTS Amy Wiggle High5

●第2ステージ(Adelaide  ›  Adelaide、32.2km)
1 WILD Kirsten Cylance Pro Cycling 43:57
2 BARBIERI Rachele Cylance Pro Cycling
3 HOSKING Chloe Alé Cipollini
5 EDMONDSON Annette Wiggle High5
39 LETH Julie Wiggle High5
41GARNER Grace Wiggle High5
75 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5
87 ROBERTS Amy Wiggle High5
94 CURE Amy Wiggle High5 +0:18

●第3ステージ(Tanunda  ›  Lyndoch、92.4km)
1 HOSKING Chloe Alé Cipollini 2:21:56
2 WILD Kirsten Cylance Pro Cycling
3 RYAN Alexis Canyon SRAM Racing
10 LETH Julie Wiggle High5
47 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +1:26
63 CURE Amy Wiggle High5 +1:36
64 ROBERTS Amy Wiggle High5
69 GARNER Grace Wiggle High5
72 EDMONDSON Annette Wiggle High5

●第4ステージ(Adelaide  ›  Adelaide、1時間+2周のクリテリウム)
1 WILD Kirsten Cylance Pro Cycling 1:02:42
2 EDMONDSON Annette Wiggle High5
3 HOSKING Chloe Alé Cipollini
5 GARNER Grace Wiggle High5
38 LETH Julie Wiggle High5 +0:06
48 CURE Amy Wiggle High5
63 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5
92 ROBERTS Amy Wiggle High5 +0:14

今後のレーススケジュール(予定)
1月26日 Cadel Evans Great Ocean Road Roce Albert Park Grand Prix (オーストラリア、クリテリウム)
1月28日 Cadel Evans Great Ocean Road Roce (オーストラリア、1.2)
2月26日 Omloop van het Hageland-Tiel-Winge (ベルギー、1.1)
3月1日 Le Samyn des Dames (ベルギー、1.2)
3月4日 Strade Bianche (イタリア、1.女子ワールドツアー)
3月8〜11日 Samana Ciclista Valenciana (スペイン、2.2)
3月19日 Trefeo Alfredo Binda-Comune di Cittiglio (イタリア、1.女子ワールドツアー)


写真:サントス・ウィメンズツアーを戦ったウィグル・ハイファイブのチームメンバー

来週末(1月26日、28日)にオーストラリア・ジーロングで開催されるワンディレース2戦に向けて、萩原は引き続き、オーストラリアでトレーニングを行なっていきます。

【サントス・ウィメンズツアー第1ステージ】真夏のオーストラリアからシーズンイン!

1月14日より萩原麻由子にとっての2017シーズン初戦となる4日間のサントス・ウィメンズツアーがスタートしました。106kmで開催された第1ステージは、終盤に登坂のある厳しいコースレイアウトで、萩原は29位でゴールしました。

santos-women s-tour-2017-stage-1-1480590604

●萩原麻由子のコメント
今日のレースは、チームのオーダーで最後20キロから始まる登り区間まで待機、体力を温存し出来るだけ上位にトライするという言わば成績を狙って良いというものでしたが、ただ単純に足がなくラスト5kに設置されたKOMで集団から遅れました。

チーム自体もぶっつけ本番状態でしたが、上手く機能していただけに、とても無念な気持ちでした。しかし一方では昨年体調不良で終えたところから、体調を戻し、再びレースに戻ってこれ当たり前かもしれませんが無事ゴールできた事に、少し安心しました。

またオーストラリアは夏季で身体が動きやすく、コース設定も道が広く、比較的リラックスして走る事が出来たのも今の自分にとっては良い点でした。もし復帰戦が欧州春のクラシックだったら、悲惨な事になっていたと思います。

「何事も勇気を持って最初の一歩を踏み出してしまえば」という先輩の言葉と共に学びました。あと3日、そして来週のワンデーレースと、レースごとに調子とレース感覚を戻して行けるよう頑張ります。明日はチームメイトに勝機があるコースなので、全力で働きたいと思います。

●リザルト
1 SPRATT Amanda Orica – Scott 2:51:01
2 ENSING Janneke Alé Cipollini +0:19
3 HALL Katie United Healthcare Pro Cycling Women’s Team +0:59
29 HAGIWARA Mayuko Wiggle High5 +1:47
38 LETH Julie Wiggle High5 +2:33
42 GARNER Grace Wiggle High5
69 EDMONDSON Annette Wiggle High5 +3:13
70 CURE Amy Wiggle High5
72 ROBERTS Amy Wiggle High5

C2HBVGPUsAAFFqh

オーストラリアから2017シーズンが開幕!

萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ所属)の2017シーズンがいよいよ開幕します。

初戦となるのは、1月14日から17日まで、オーストラリアで開催されるサントス・ウィメンズツアー(UCI2.2)で、1月下旬までオーストラリアにてトップレースを転戦します。

またシーズン序盤のレーススケジュールも発表となり、例年同様にヨーロッパでは、ベルギーのクラシックレースや、女子ワールドツアーであるストラーデ・ビアンケ(イタリア)や、トロフェオアルフレッドビンダ・コミュネディチッティリオ(イタリア)など女子ロードレース界最高峰のレースへの出場が予定されています。

2016年は、シーズンを通して体調不良により、萩原本来の力を発揮することができず、悔しさの残るシーズンとなりましたが、そのなかで再度、欧州での生活環境を整え、時間をかけて2017シーズン、またその先の大きな目標に向かって準備を進めることができました。

2017シーズンは再び飛躍のシーズンとすべく、所属5年目となるイギリス籍の女子トップチーム、ウィグル・ハイファイブとともに、初心を忘れずに、一つでも多くのチャンスを掴むべく全力で走ります。

2017年暫定レーススケジュール
1月14〜17日 Santos Women’s Tour (オーストラリア、2.2)
1月26日 Cadel Evans Great Ocean Road Roce Albert Park Grand Prix (オーストラリア、クリテリウム)
1月28日 Cadel Evans Great Ocean Road Roce (オーストラリア、1.2)
2月26日 Omloop van het Hageland-Tiel-Winge (ベルギー、1.1)
3月1日 Le Samyn des Dames (ベルギー、1.2)
3月4日 Strade Bianche (イタリア、1.女子ワールドツアー)
3月8〜11日 Samana Ciclista Valenciana (スペイン、2.2)
3月19日 Trefeo Alfredo Binda-Comune di Cittiglio (イタリア、1.女子ワールドツアー)

萩原麻由子のコメント
新年明けましておめでとうございます。酉年2017年が幕を開けました。

私は11月からの欧州滞在の流れで、12月はイタリアでNIPPO・ヴィーニファンティーニが開催していたチームキャンプに参加させて頂いていました。

その後、日本へと戻り福井県車連開催の鹿児島合宿へ合流させて頂き、若者に混じって、じつに6年ぶりとなるトラック練習にも挑戦しました。トラックレーサーで上手く走れない自分に絶望感を抱きつつも、日に日に微々たる感覚を取り戻し、トラックには自転車競技に必要不可欠なエッセンスが沢山詰まっていることを実感しました。御年三十路に突入した自分ですが、これに懲りず今後機会を作りトラックの練習も取り入れていきたいと思いました。

その後、寒い故郷へは帰らず、さらに南下、沖縄は馴染の地にて自主合宿を緊急開催。すると先日鹿児島にてお世話になったばかりの鹿児島県選手団の沖縄合宿に幸運にも合流が実現。またしても若者に混じり良いトレーニングをすることができました。合宿から合宿へ渡り歩く日々の中、家族を始め、全国各地に広がる友人、先輩、後輩、といった沢山の方々のお力添えいただき、自身の合宿遠征南日本横断の日々が奇跡的に成り立ったことに感謝するばかりです。

その他、調整ごとも何とか収め、これより2017年初戦である豪へ向け出撃します。またしても早い開幕戦となるこの遠征は急遽大会1か月を切った時点で突然言い渡されました。昨年の体調不良もあり、調子を上げるのには苦労しましたが、自分なりに考え行動した日々の中、紛いなりには少し軸が出てきたように思います。何よりもこの道中お力添えを頂きました全ての方々には感謝しかありません。移り行く予定、日々の中でこうして活動できるのは周囲の強力な力添えあってこそと実感せざるを得なかったオフシーズンとなりました。

1月の豪、Santos Women’s Tour を皮切りに、自身の2017シーズンが幕を開けます。
良いシーズンにできるよう、気持ち新たに出発します。