タグ別アーカイブ: featured

ベルギーワンディレースでチームメートが優勝! 5月も引き続き欧州を転戦

5月6日(日曜日)にベルギーで開催された120kmのトロフィー・マールテン・ウイナンツ(UCI1.1)は、集団ゴールスプリントの展開となり、アレ・チポッリーニのイタリア人スプリンター、マルタ・バスティアネッリが見事優勝! 今シーズン、チームの勝利数を8まで伸ばしました。

萩原麻由子は5月3日、4日にイギリスにて開催されたツール・ド・ヨークシャ(2.1)に引き続いての参戦となりましたが、量レースを通じて、順調にコンディションを上げ、レースを重ねるごとにチームからのオーダーにしっかりと応える走りをみせています。

萩原麻由子のコメント
「五月の一日に遠征を開始し、イギリスのツール・ド・ヨークシャとベルギーのトロフィー・マールティン・ウィナンツと転戦し、イタリアへ戻ってきました。

ヨークシャではチームは表彰台こそ逃したもの、全員がトライして今ある最善の結果を出せたという反面、課題も沢山見つかったレースとなりました。 自身としてはレースの序盤から中盤までの役割をこなすという初歩的な事が出来るようになってきましたが、肝心な主要部がまだまだ。自身のコンディションを上げ、レースの重要部分でもっとチームへ貢献できる様になる事が私の直近の課題であり、チームとしても果敢挑んで勝利を量産したいと思っています。

ヨークシャ後のベルギーではチームのエース、マルタが力強く勝利を勝ち取り今遠征有終の美を飾りました。

次のレースは17日から始まるスペイン〜フランス遠征となる予定です。 厳しいレースとなりますが、また準備し直し力一杯臨みたいと思っています!」

●今後のスケジュール
5/17 Durango-Durango Emakumeen Saria (スペイン/1.2)
5/19-22 WWT Emakumeen XXXI. Bira (スペイン/2.女子ワールドツアー)
5/25 La Classique Morbihan(フランス/1.1)
5/26 Grand Prix de Plumelec-Morbihan Dames (フランス/1.1)

4月、5月のレーススケジュール

最新の萩原麻由子のレーススケジュールです。

4月15日(日)アムステルゴールドレース・レディースエディション(オランダ/1.UCI女子ワールドアツアー)

4月18日(水)ラ・フレーシュワロンヌ・フェミニン(ベルギー/1. UCI女子ワールドツアー)

4月22日(日)リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ・ファム(ベルギー/1.UCI女子ワールドツアー)

4月25日(水)GP・デラ・リベラツィオーネ(イタリア/1.2)

5月3〜4日(木〜金)ツール・ド・ヨークシャ・ウィメンズレース(イギリス/2.1)

 

4月はアルデンヌクラシック3連戦から始まり、ヨーロッパのトップレースを転戦していきます。限界に挑む厳しい戦いとなりますが、皆様の温かいご声援よろしくお願いします!

バレンシアーナ第2ステージでバスティアネッリが区間優勝

2月22日にスペイン・バレンスア地方にて開幕したセティマーナ・チクリスタ・バレンシアーナ。CastellóからVila Realまで途中1級山岳を越える115kmで開催された第2ステージで、アレ・チポッリーニのエースを務めるマルタ・バスティアネッリが集団ゴールスプリントを制して区間優勝。欧州での嬉しいシーズン初優勝を飾りました。

萩原麻由子も調子を上げながら、序盤の逃げに乗るなどチームに大きく貢献。残り30kmは「地獄のようだった」と振り返りながらも、チームの歯車となり、勝利に貢献できたことに確かな手応えを掴みました。

大会は25日まで、全4ステージで開催されます。

萩原麻由子のコメント
今日は作戦どおり、67k地点から始まる一級カテゴリー8kの登りの前にできた逃げに乗れ、先頭集団で峠を越えることができました。
下りきってから始まったアタック合戦に一人で対応していると、チームのリーダー含む集団が続々と合流。
さらなるアタック合戦とラスト10kのスピードアップ時にはもう脚が残っておらず、千切れてしまいました。
しかしその後もチームメイトが健闘し最後はチームのリーダーであるマルタが優勝し、良い日になりました。
自身としてもレース展開に加われ、日に日に良くなりました。
残りの2ステージも、チームの勝利目指して日々最善を尽くしたいと思います。

スペインでの4日間のステージレースに出場

真夏のオーストラリア連戦から萩原麻由子の2018シーズンが幕開けしましたが、22日より開幕する4日間のステージレース「Setmana Ciclista Valenciana(セティマーナ・チクリスタ・バレンシアーナ/UCI2.2)」で、ヨーロッパでのシーズンインを迎えます。本大会は温暖なスペイン・バレンシア地方を舞台とした4日間のステージレースで、どのステージも厳しい山岳が組み込まれるのが特徴的です。萩原は昨年に引き続いての出場となり、これまでの経験を生かして、新しいチームメートたちと力を合わせて戦います。

萩原麻由子のコメント
移動も無事に終え、スペイン・バレンシア現地入り果たしました。いつもながら調子は未知数ですが、豪州遠征後リカバリーとトレーニングを自分なりにできることをやったつもりです。今回のバレンシアは登りも多く、簡単ではありませんが、一つでも調子を上げれるよう、そしてチームへ貢献できる走りができるようベストを尽くしてきます。

レース情報
Setmana Ciclista Valenciana
開催日 2月22日(木曜日)〜25日(日曜日)
開催国 スペイン・バレンシア地方
レースカテゴリー ロードレース/UCI女子エリート2.2

フェイスブック  https://www.facebook.com/pg/scv18
ツイッター https://twitter.com/SetmanaCiclista
ハッシュタグ #SCV2018

今後のレーススケジュール(予定)
2月22日〜25日 セティマーナ・チクリスタ・バレンシアーナ(スペイン/2.2)
3月18日 トロフェオ・アルフレッド・ビンダ(イタリア/1.女子ワールドツアー)

UCIレース復帰戦でチームメートのクロエが優勝!

1月27日(土)、オーストラリア・ジーロング近郊で開催された113kmのロードレース「Cadel Evans Great Ocean Road Race(UCI1.1)」で萩原麻由子のチームメートであるクロエ・ホースキング(オーストラリア)が優勝。サントス・ウィメンズ・ツアー・ダウンアンダーでの区間優勝に次ぐ2勝目をマークしました。萩原はトップから3分14秒差の50位でフィニッシュしています。

一昨日25日(木)の前哨戦といえるクリテリウムに引き続いて開催された本大会。萩原にとってはUCI公認のレースとしては今季初戦となりました。自身のパフォーマンスはまだまだ向上中ですが、チームメートの自国での大きな勝利、そして再び世界のトップレースのスタートを切れたことに大きな喜びを感じる1日となりました。


チームメートと勝利の喜びを分かち合う萩原麻由子 (C) Kei TSUJI

萩原麻由子のコメント
今日はチームメイトが優勝し、素晴らしい日になったと同時に、チームメイトが序盤に落車し鎖骨骨折してしまう等、良いことと悪いことが同時に起きた日でした。レースは終始大きな動きもなく進みましたが、終盤にレースが動いた時に自分の脚がビッタリと止まり、そのまま遅れてしまいました。 練習で調子を上げてきましたが、レースで現実を見ることができました。現状をしっかりと見つめ、しかしレースに戻れたこと、無事に初戦を終えれたことをステップと捉え、着実に進んで行きたいと思っている今です。

スタート前にステージで行われたチームプレゼンテーション (C) Kei TSUJI

レース結果
Pro Cycling Stat(外部リンク)

レース情報
Cadel Evans Great Ocean Road Race
(カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース)
開催日 クリテリウム/1月25日(木曜日)
ロードレース/1月27日(土曜日)
開催国 オーストラリア・メルボルン近郊
レースカテゴリー ロードレース/UCI女子エリート1.1

公式サイト http://www.cadelevansgreatoceanroadrace.com.au
フェイスブック  https://www.facebook.com/CadelRoadRace/
ツイッター https://twitter.com/cadelroadrace
ハッシュタグ #CadelRoadRace #DeakinWomensRace

今後のレーススケジュール(予定)
1月30、31日 ウィメンズ・ヘラルドサンツアー(オーストラリア/2.2)
2月22日〜25日 セッティマーナ・チクリスタ・バレンシアーナ(スペイン/2.2)

今季初戦を走り終え、レースシーズン本格スタート!

1月25日(木)、オーストラリア・メルボルン近郊のサーキットを使用して開催された63.6kmのクリテリウムレース「Towards Zero Race Melbourne」に萩原麻由子が出場しました。チームのエース、クロエ・ホースキング(オーストラリア)を4位に送り込み、自身はトップと同タイムの56位で完走しました。

当初、1月11日〜14日の「サントス・ウィメンズ・ツアー・ダウンアンダー」が今季初戦となる予定でした。しかし、初日の前夜から体調を崩し、苦渋の選択ながらも出走を取りやめるアクシデントもありましたが、本レースをもって、無事に昨年の4月以来となるレース復帰を果たしました。

萩原の次戦は明日、同じくメルボルンにて開催されるワンディレース「Cadel Evans Great Ocean Road Race(UCI1.1)」で113kmのロードレースです。

📸 Kei TSUJI

萩原麻由子のコメント
先日の無念の不出走から昨日無事に今季初レースへ参戦できました。内容は十分なものではなかったですが、再びレースシーンに戻ってこれたことを実感できた日でした。新しいチームですが、今のところリラックスして過ごしています。明日のロードレースもチーム一丸となり、良い成果を出せる様力一杯戦ってきます。

オーストラリアにて2018シーズン開幕!

1月11日(木)にオーストラリアで開幕する4日間のステージレース「サントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダー」に萩原麻由子が出場します。萩原は今季よりイタリア籍のアレ・チポッリーニに移籍したため、新しいチームでのデビュー戦を迎えます。

昨年4月以降、伝染性単核球症による体調不良によりレースから遠ざかっていた萩原ですが、たくさんの方のサポートにより、レースに出場できるまでに回復。スペインでのチームキャンプや沖縄での自主キャンプを経て、1月9日に現地入り。チームと合流し、開幕戦への準備を進めています。

年々、盛り上がりをみせる「サントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダー」。今年は第2ステージに山頂ゴール、第4ステージにクリテリウムが組み込まれるなど、4日間のレースは毎ステージ、タイプの異なるコース設定がされています。

現在、真夏のオーストラリアは、連日40℃を超す厳しい暑さに見舞われていますが、地元オーストラリア出身のスプリンターで、再びチームメートとなったクロエ・ホースキングらとともに、勝利をめざして戦っていきます。

Alé Cipolliniのサントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダー出場メンバー (C) Alé Cipollini

萩原麻由子のコメント
日本で調整を終え、9日に無事オーストラリア入り、チームと合流しています。 いよいよ明日シーズン初戦開幕ですが、リラックスした雰囲気の蛍光黄色ハイビスカス集団は終始穏やかに(?)過ごしています。
自身としては昨年4月ぶりとなるレース“復帰”ですが、改めてレースへ戻って来れたことに感謝し、いつもどおりスタートを切ってきます。
良いシーズンにできるよう初めの一歩、心して行ってきます!

レース情報
SANTOS WOMEN’S TOUR DOWN UNDER
(サントス・ウィメンズ・ツアーダウンアンダー)
開催日 1月11日(木曜日)〜14日(日曜日)
開催国 オーストラリア・アデレード近郊
レースカテゴリー UCI女子エリート2.1

公式サイト http://tourdownunder.com.au/tours-and-news/womens/stages
フェイスブック  https://www.facebook.com/tourdownunder/
ツイッター https://twitter.com/tourdownunder
ハッシュタグ #WTDU

第1ステージ 1月11日(木) Gumeracha – Gumeracha 115.7km
第2ステージ 1月12日(金) Lyndoch – Mengler’s Hill 102km
第3ステージ 1月13日(土) The Bend Motorsport Park – Hahndorf 122.4km
第4ステージ 1月14日(日) Wakefield Road – Wakefield Road 46km
今後のレーススケジュール(予定)
1月11日〜14日 サントス・ウィメンズツアー(オーストラリア/2.1)
1月25日 カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース(オーストラリア/クリテリウム)
1月27日 カデル・エヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース(オーストラリア/1.1)
1月30、31日 ウィメンズ・ヘラルドサンツアー(オーストラリア/2.2)

2018シーズン、UCI登録イタリア籍「Alé Cipollini」と選手契約締結

このたび、萩原麻由子はイタリア籍のUCI登録女子チーム Alé Cipollini(アレ・チポッリーニ)と2018シーズンの選手契約を締結し、チームを移籍することとなりました。

欧州プロ1年目の2013年から5年間にわたり所属していた Wiggle HIGH5 とは2017年8月末日をもって、お互いの合意のうえ選手契約を終了。萩原にとってヨーロッパでは初めて経験する移籍となりますが、2018シーズンは再びヨーロッパを活動拠点として、心機一転、新しいチーム、新しいチームメートたちと世界のトップレースを転戦します。

2017シーズンは伝染性単核球症の再発により、5月からレース活動を休止して休養・回復に努めてきました。体調が優れず、レースに出場できない厳しいシーズンとなりましたが、最近は徐々に体調が改善され、来季に向けたトレーニングを少しずつ始めています。

来季より加入する Alé Cipollini は、2011年に設立された女子のプロチームで、イタリアでは不動のナンバーワン、また世界でもトップクラスの成績を残しているチームで、2017シーズンはUCIワールドツアー4勝をはじめ、通算11勝という成績を挙げています。

メインスポンサーは、イタリアのウェアメーカーの Alé と、バイクメーカーの Cipollini。チームのゼネラルマネージャーは Alé 代表のアレッサ・ピッコロ氏です。ピッコロ氏は自転車競技を愛するサイクリストで、チームには彼女のパッションが大きく反映されています。また Alé はイタリアをはじめとした多くのプロチームにウェア供給を行なっています。もう一方のタイトルスポンサー Cipollini は元世界チャンピオンのマリオ・チポッリーニ氏がプロデュースするイタリアンバイクブランドです。


萩原麻由子のコメント

皆さん、こんにちは。大変ご心配をおかけいたしましたが、おかげさまで体調が回復し、競技界への復帰を目指しトレーニングに努める日々です。

昨シーズン末からの長期間にわたる体調不良に苦しめられた今シーズンではありましたが、このたび無事に2018年の選手契約を結ぶことができました。

移籍先はイタリア籍 Alé Cipollini となります。この苦しいシーズンのなか、自分の可能性を信じ新しい機会を与えて下さったチーム、また契約に至るまでの周囲の仲間の力強い協力には心から感謝しております。

一方、過去5シーズンを過ごした Wiggle HIGH5 とは今年8月末を期に契約を終了した形になりました。自分自身プロとして万全な体調でチームへ戻ることができなかったことは大変悔やまれることでした。しかし、自身の欧州プロとしてのキャリアのゼロから、沢山の素晴らしい仲間と経験を積ませてもらい、そして最後の最後まで復帰の機会を与えて頂いた同チームへは、心から感謝しています。この中で戻る選択をせず、新しい道を選択した自分自身の決断を尊重し、しっかりと進んでいきます。

これまで素晴らしい仲間と築いた自分自身の経験を糧に、可能性と機会ある限り、目標へ向かって進んでいこうという日々です。

これからもどうかご声援宜しくお願い申し上げます。


写真:2017年ジロローザ出走時のAlé Cipollini  (C) Alé Cipollini