バレンシアーナ第2ステージでバスティアネッリが区間優勝


2月22日にスペイン・バレンスア地方にて開幕したセティマーナ・チクリスタ・バレンシアーナ。CastellóからVila Realまで途中1級山岳を越える115kmで開催された第2ステージで、アレ・チポッリーニのエースを務めるマルタ・バスティアネッリが集団ゴールスプリントを制して区間優勝。欧州での嬉しいシーズン初優勝を飾りました。

萩原麻由子も調子を上げながら、序盤の逃げに乗るなどチームに大きく貢献。残り30kmは「地獄のようだった」と振り返りながらも、チームの歯車となり、勝利に貢献できたことに確かな手応えを掴みました。

大会は25日まで、全4ステージで開催されます。

萩原麻由子のコメント
今日は作戦どおり、67k地点から始まる一級カテゴリー8kの登りの前にできた逃げに乗れ、先頭集団で峠を越えることができました。
下りきってから始まったアタック合戦に一人で対応していると、チームのリーダー含む集団が続々と合流。
さらなるアタック合戦とラスト10kのスピードアップ時にはもう脚が残っておらず、千切れてしまいました。
しかしその後もチームメイトが健闘し最後はチームのリーダーであるマルタが優勝し、良い日になりました。
自身としてもレース展開に加われ、日に日に良くなりました。
残りの2ステージも、チームの勝利目指して日々最善を尽くしたいと思います。