今季初戦を走り終え、レースシーズン本格スタート!


1月25日(木)、オーストラリア・メルボルン近郊のサーキットを使用して開催された63.6kmのクリテリウムレース「Towards Zero Race Melbourne」に萩原麻由子が出場しました。チームのエース、クロエ・ホースキング(オーストラリア)を4位に送り込み、自身はトップと同タイムの56位で完走しました。

当初、1月11日〜14日の「サントス・ウィメンズ・ツアー・ダウンアンダー」が今季初戦となる予定でした。しかし、初日の前夜から体調を崩し、苦渋の選択ながらも出走を取りやめるアクシデントもありましたが、本レースをもって、無事に昨年の4月以来となるレース復帰を果たしました。

萩原の次戦は明日、同じくメルボルンにて開催されるワンディレース「Cadel Evans Great Ocean Road Race(UCI1.1)」で113kmのロードレースです。

📸 Kei TSUJI

萩原麻由子のコメント
先日の無念の不出走から昨日無事に今季初レースへ参戦できました。内容は十分なものではなかったですが、再びレースシーンに戻ってこれたことを実感できた日でした。新しいチームですが、今のところリラックスして過ごしています。明日のロードレースもチーム一丸となり、良い成果を出せる様力一杯戦ってきます。