全日本選手権ロードレース2位 次戦はジロローザ!


萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)が東京都大島町で開催された全日本選手権ロードレースに参戦しました。6月24日に個人タイムトライアル、25日にロードレースが開催され、タイムトライアルでは3位、ロードレースでは2位という結果でした。5月上旬のツアー・オブ・チョンミンアイランド(UCI2.ワールドツアー)以来のレースで、勝利することはできませんでしたが、ベストを尽くすことができ、良い感触をもってヨーロッパでのシーズン後半戦がスタートします。

今後、すぐに拠点としているヨーロッパへと戻り、所属チームであるウィグル・ハイファイブに合流。7月1日から10日間に渡って開催される女子ロードレース界最高峰のステージレース、ジロローザ(UCI2.ワールドツアー)へ出場します。

ジロローザでは、チームのエースであるエリーザ・ロンゴボルギーニ(イタリア)やマラ・アボット(アメリカ)らを軸に、マリアローザ獲得(個人総合優勝)を目標にチーム一丸となって戦います。また萩原は、昨年の同大会で区間優勝を挙げており、日本人初の快挙として大きく注目されました。

萩原麻由子のコメント
「ロードレースでは、自分の今のコンディションではベストを尽くせたと思います。その結果なので、負けてしまったものの悔いはありません。前回のロンドン五輪から4年間、やるべきことはやって、今日まできました。結果的に代表選手の選考会で負けてしまったので、あまり成功とは言えないけど、日本のリオ五輪出場枠を取ることができたことなどを踏まえて、これが自分の精一杯と思える1日でした。

次戦はジロローザへの出場が決まっています。今年こそ、チームはマリアローザを狙えると思うので、とにかくチームのためにしっかりと働きたいです。ジロローザから始めるシーズン後半に向けて、しっかりとコンディションを上げて、心機一転頑張りたいと思います」。

22.4kmで開催された個人タイムトライアル。大島のサンセットパームライン、海沿いのコースで開催された
20160625Nch_S-89
ファンの方が作った萩原麻由子の応援グッズ
20160625Nch_S-100
ロードレースのスタートを待つ
20160625Nch_S-108
強風のなかで開催されたロードレース。萩原が積極的に集団を牽引する
20160625Nch_S-169
ロードレースの表彰台。萩原は全力を尽くしての2位!