UCI女子ワールドツアー フレーシュ・ワロンヌに出場決定


欧州でレースを転戦する萩原麻由子(ウィグル・ハイファイブ)は、4月13日〜17日まで、スペイン北部で開催された5日間のステージレース、エマクメーン・ビラ(UCI2.1)に出場しました。

ウィグル・ハイファイブは5ステージ(プロローグ+4ステージ)のうち区間3勝し、区間2勝したエースのエマ・ヨハンソン(スウェーデン)が総合優勝を果たしました。厳しい山岳が含まれるコースは萩原が得意とするもので、萩原もチームの好成績に大きく貢献、高い評価を受けました。

萩原麻由子のコメント
「初日のプロローグ直前に体調が悪化したチームの主力、ヨハンソン選手が何とか体調を持ちこたえスタートを切り、第1ステージで優勝、第2ステージで総合リーダーに立ってから、全員がリーダーを守る仕事に徹し、最終日まで守り切り、ステージ2勝と、チームとしてはとても良い形で終えました。

自身としては3週間ぶりのチームとのレース、調子は悪くはなく、初日の序盤から他チームへの攻撃、チームが総合リーダーをとってからはひたすら他チームからの攻撃のディフェンスに徹しました。毎日終盤までに力尽き、遅れながらのゴール。気候も雨が多く、レースは思ったよりもハードな展開で、消耗の激しいレースとなりました。自身の成績など微塵も残りませんでしたが、チームは総合を取り、自身の仕事も高く評価してもらえました。

総合を守るという機会は、毎回訪れるものではありません。今回リーダーを守る仕事を全うできたことは、貴重な経験となりました。最高の環境でレースを学べていることに感謝しています。あとは地道な努力を積み重ね、自身の目標へ向かって突き進みます」。


そして本日、4月20日にベルギーで開催されるUCI女子ワールドツアー、フレーシュ・ワロンヌへの出場が決まりました。男子のレースと同日に開催され、最大勾配26%とも言われるミュール・ド・ユイ(ユイの壁)の頂上がゴールラインとなります。コースは、ユイの壁を含む大きな周回コースを2周する137kmとなっています。

萩原麻由子のコメント
「名所のユイの壁だけでなく、タフでテクニカルなコースレイアウトのレース。 天候によっては横風も大きく影響します。 各セクションの前に良いポジションをキープすることが大きなキーを握ります。チームには二人の優勝候補がいるため、彼女らの成功に備えつつ、自身も良い結果に食い込めるよう、良く集中して走ります」。

●フレーシュ・ワロンヌ 公式ホームページ
http://www.letour.fr/la-fleche-wallonne-femme/

●UCI女子ワールドツアーについて
http://www.uci.ch/road/news/article/uci-women-worldtour-top-level-racing-worldwide/

5月中旬までのレーススケジュール(予定)
4月20日 La Flèche Wallonne Féminine(ベルギー、ワールドツアー)
5月6-8日 Tour of Chongming Island(中国、ワールドツアー)

今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いします。