アジア選手権・個人タイムトライアルで優勝


1月21日、東京都大島町で開催されたアジア選手権大会 エリート女子・個人タイムトライアルで萩原麻由子(ウィグル・HIGH5所属)が優勝。個人タイムトライアルのアジアチャンピオンに輝きました。アジアチャンピオン獲得は2010年トラック競技であるポイントレースでの優勝以来です。

女子エリート・個人タイムトライアルのコースは海岸線に沿って北上し、同じ道を折り返す11.2kmのコースを2周回する22.4km。序盤から韓国のイ選手がトップタイムを刻みながら快走していましたが、残り5kmを切ってから、萩原がタイムを挽回。最終的には0.21秒という僅差ながら、最終走者として走った萩原が最速タイム(32分25秒17/平均時速 41.45km)を出して優勝しました。

萩原麻由子のコメント
「今日は行きが追い風で帰りが向かい風。練習のときとは逆で、思ったよりもスピードが出て、自分のペースが速いかな? と錯覚してしまった。最初の折り返しでトップから10秒差が付いていたため、踏み始めたが、思ようにスピードは上がらず、自分のエンジンがかかるまでに時間がかかってしまった。最後の折り返し(残り6.1km地点)で聞いたタイム差は6秒差。少しタイムが縮まっていたので、このまま踏み続ければいけるかなと、最後まで焦らないように全力で踏み続けた。

23日に開催されるロードレースが本番。しばらくレースに出ていなかったが、今日のレースで身体のエンジンがかかったと思うので、いい形で当日を迎えたい。優勝しか考えていないので、チームで全力を尽くして戦いたい」

アジア選手権は23日(土曜日)に、リオ五輪の特別出場枠がかかったエリート女子・ロードレースが、個人タイムトライアルと同じく東京都大島町で開催されます。日本代表チームは、萩原のほか、3選手が出場予定となっており、チーム一丸となって、日本の優勝を狙います。

大会の詳細は以下をご参照ください。
●公式ホームページ
http://cycling-championships.asia
●日本自転車競技連盟ホームページ
http://jcf.or.jp

今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いします。