NEWS

ストラーデ・ビアンケ 未舗装路の難関レースで奮闘

3月5日(土)にイタリア・トスカーナ地方のシエナ近郊で開催されたUCI女子ワールドツアーの第1戦、ストラーデ・ビアンケ。萩原麻由子は当初、補欠選手となっていましたが、2月末のベルギーでのレースを終えて、急きょ参戦が決まり、イタリアへと移動。未舗装路がコースに組み込まれる特殊なレースのため、入念にコースの試走をして挑みました。

萩原麻由子はアシストとしての走りに徹し、前半で役割を終え、途中棄権となりましたが、チームのエース、エマ・ヨハンソン(スウェーデン)が3位、エリサ・ロンゴボルギーニ(イタリア)が4位と上位入賞し、ウィグル・HIGH5チームにとって、確かな手応えを掴めるレースとなりました。


写真:ウィグル・HIGH5のストラーデ・ビアンケ出場メンバー (c)  Bart Hazen / Wiggle HIGH5

萩原麻由子のレースレポート
事前のミーティングで、自分の役割は、序盤にキング選手と2名で他チームの動きに対応すること、ダート区間前35k地点から始まる5kmの登り区間でチャンスがあれば攻撃すること、エース(ヨハンソン選手、ロンゴボルギーニ選手)にメカトラがあった場合、すぐさま対応すること(チームカーが不運にも最後尾付近のため…) の3点を任務として言い渡され、とにかくレース序盤の60kmで全力を尽くせとの指示。

コース試走でのダート区間の難しさと険しさから、自分の役割はダートに入るまでが勝負だと思っていた。また昨年度のレースでダート区間に入るまでの位置取りの激しさやレースの速さを体験しているため、落ち着きつつも攻めの姿勢で位置取りをするよう心がけた。

当日、雨の予報はなんとか持ち堪えるも、今にも泣き出しそうな重たい空の下レースがスタート。それと共に強い風も吹いている。横風にも注意が必要な日と念頭に置く。3kmのニュートラルも下り基調で道も曲がりくねり高速のまま0km地点通過でレーススタート。

集団は追い風に乗り、殺気立ちながらスタートするも、先週のベルギークラシックを体験しているため、少し余裕を持ちながら位置取り合戦に挑む。皆これから始まる登りやダート区間備えてか、また強い追い風ということもあり、レースは大きな動きはなく高速で集団のまま進む。

最初の登り区間付近から先頭付近をキープし、そのまま登りに突入するとラボバンクのニウイアドマ選手の強力なアタック。すぐさま対応するもつき切れしそうな威力。このアタックにより主な主要チームを含む6人の逃げが形成される。

その後もニウイアドマ選手の攻撃が数回行われ、逃げ集団の威力も衰えた頂上付近で30、40人の集団が合流、下りに入る。下り基調の平坦区間でもラボバンクの攻撃の応酬が始まり、私とキング選手で対応した。ラボバンクの積極的な攻撃の応酬の日だった。

そして最初のダートを先頭集団後方で突入、ここから本当のレースが幕を開ける。落車する選手やパンクする選手が出始める。車輪を滑らせながらも集中して走るよう心掛ける。最初のダート後もラボバンクを中心に起こる攻撃にチームメイトと共に対応するも、カウンター攻撃の応酬に思わず見送ってしまう場面ももあった。

2つ目のダート区間で私は遅れ始め、この区間中の激坂で完全に遅れてしまう。チーム車両にも全て抜かれ、力つきながら数人で走るも一人一人いなくなり、最後は一人で走っていると、レース関係車両らしき車に「フィニッシュ、後ろから来る選手たちと一緒に走って」と言われる。さらに後ろからチームの補給車両が来て回収され車に乗った。調子が良いと思いながら走っていたが、後半力尽きてしまって完走すらできなかったことに落ち込んだ。

レース後監督、チームメイトからは「今日の働きは評価に値するし、素晴らしかった」と言って貰えたが、終盤に力尽きてしまった自分に悔しくて虚しい気分になった。それは序盤の登りで強烈なアタックをかましたニウイアドマ選手が2位入賞と聞いて尚更だった。

しかしチームとしてはヨハンソン選手3位、ロンゴボルギーニ選手4位と、良い結果が出たので良かったと思っている。レース後、ブロンジーニ選手のいた集団での、踏切失格問題等を知り、波乱も起こった激しいワールドツアー初戦が終わった。

欧州開幕戦のオンループ・ヘット・ニュースブラッドから、現世界チャンプのアーミステッド選手の強さが止まらない。2位のポーランド若手ニウイアドマ選手の強さにも磨きが掛かっている。しかし、我がチーム、ウィグル・HIGH5は、まだ優勝こそ届いていないものの、先日のル・サミンでの2、3位、今回の3、4位と、限りなく近いところにいる。

次のワールドツアーは3月12日オランダで行われるロンド・ファン・ドレンテ 、チームの行末に期待大。自身の次戦は3月20日イタリアのトロフェオ・アルフレッド・ビンダ(ワールドツアー第3戦) 。今回の悔しさをぶつけ、チームとしても優勝を狙い全力を尽くしたい。

●ストラーデ・ビアンケ 公式ホームページ
http://www.strade-bianche.it/it/

●UCI女子ワールドツアーについて
http://www.uci.ch/road/news/article/uci-women-worldtour-top-level-racing-worldwide/

4月中旬までのレーススケジュール(予定)
3月20日 Trofeo Alfredo Binda – Comune di Cittiglio(イタリア、ワールドツアー)
3月30日 Pajot Hills Classic (ベルギー、UCI1.2)
4月4日 Grand Prix de Dottignies(ベルギー、UCI1.2)
4月12日 Durango-Durango Emakumeen Saria(スペイン、UCI1.2)
4月13-17日 Euskal Emakumeen XXIX Bira(スペイン、UCI2.1)


写真:イタリアで“白い道”と呼ばれる今大会。美しいトスカーナの風景の中、選手たちの走る道が目立つ (c) Bart Hzen / Wiggle HIGH5

女子ワールドツアー初戦 ストラーデ・ビアンケ出場へ

萩原麻由子の2016シーズン欧州初戦は、2月27日に開催されたベルギー・フランドル地方のクラシックレース、オンループ・ヘット・ニュースブラッド(UCI1.1)でした。男子のレースと同様にいくつもの石畳区間や急坂を越える厳しいレースで、チームの最高位は、クロエ・ホースキング(オーストラリア)の7位となり、萩原麻由子はトップから8分56秒差の68位でゴールしました。苦手なコースではありましたが、思うような走りができず、チーム全体の結果としても悔しさが残るレースとなりました。

その後、ベルギーに残り、3月2日開催のル・サミン(UCI1.2)に出場する予定でしたが、レーススケジュールが急きょ変更となり、3月5日にイタリアのトスカーナ地方で開催されるストラーデ・ビアンケ(UCIワールドツアー)への出場が決まり、3月2日の飛行機でイタリアへと向かいます。

ストラーデ・ビアンケは、イタリア語で“白い道”を意味するもので、未舗装路がコースに組み込まれるのが特徴です。世界的にも人気を誇るレースで、美しいトスカーナ地方の風景のなか、選手たちが白い砂煙をあげて走る姿は圧巻です。男子のレースも同日に開催されますが、女子のストラーデ・ビアンケは、シエナをスタート/フィニッシュ地点とする121.0kmで、途中7ヶ所の未舗装区間を越えます。

またストラーデ・ビアンケは、今年からUCI(国際自転車競技連合)が導入した”UCI女子ワールドツアー”の初戦にあたり、このシリーズに組み込まれる年間17戦が、女子ロードレース界の最高峰カテゴリーになります。

●ストラーデ・ビアンケ 公式ホームページ
http://www.strade-bianche.it/it/

●UCI女子ワールドツアーについて
http://www.uci.ch/road/news/article/uci-women-worldtour-top-level-racing-worldwide/

4月中旬までのレーススケジュール(予定)
3月5日 Strade Bianche(イタリア、ワールドツアー)
3月20日 Trofeo Alfredo Binda – Comune di Cittiglio(イタリア、ワールドツアー)
3月30日 Pajot Hills Classic (ベルギー、UCI1.2)
4月4日 Grand Prix de Dottignies(ベルギー、UCI1.2)
4月12日 Durango-Durango Emakumeen Saria(スペイン、UCI1.2)
4月13-17日 Euskal Emakumeen XXIX Bira(スペイン、UCI2.1)

萩原麻由子のコメント
「急きょ変更で、ワールドツアー初戦のストラーデ・ビアンケ参戦が決まりました。チーム全体でレース予定の変更が相次ぐなか、私の予定も当初とは異なっていますが、良い方向に進んでいます。

先日の自身の初戦オンループ・ヘット・ニュースブラッドは、内容結果ともに悪く、久々に走る欧州のレースの洗礼を受けました。終日位置取り争いに苦しみ、レースに苦しみ、自分の調子の悪さに苦しみ、兎に角苦しい一日でした。チームのエーススプリンターも機材トラブルに見舞われたり、チームとしても苦い初戦となりました。

また今年は五輪イヤー、そして春のクラシック初戦とあり、例年とは違う集団の雰囲気を感じました。レース後にチームメイトとも話しましたが、例年よりも集団全体がナーバスで殺気立っている。そしてこの時期にして仕上がってきている選手が例年より多いため、レースの感じがいつもよりタイトで難しい、と皆口を揃えて言っていました。これが五輪イヤーなのか、と肌で感じつつも、レースの重要なところはいつもと同じで、そこを『逃してしまった』と気づけるようになったことだけでも、進歩したと自分を納得させ次戦へ向かいます。

次戦ストラーデ・ビアンケはダートの登りを含む、さらに難しいレースとなります。去年出場しましたが、ダート区間で遅れ、ダートの登りで時々車輪をを滑らせながら、『石畳の方がまだましだ』と思ったのが記憶に新しい。

今年はさらにコースのタフさ難易度が増し、当日雨風の予報、地獄絵図が簡単に目に浮かびます。この中で、よく集中し、チームから与えられた自分の役割を全うできるよう頑張りたいと思います。チームとしても欧州開幕戦からまだ軌道に乗れていない感があるので、チームとしても結果を出せるよう、そこへ全力投球で頑張りたいと思っています」

今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いします。


写真:オンループ・ヘット・ニュースブラッドで68位でゴールした萩原麻由子 (C) 橋川健

オンループ・ヘット・ニュースブラッド

ヨーロッパでの2016年シーズン初戦は、2月27日に開催されたベルギー・フランドル地方のクラシックレース、オンループ・ヘット・ニュースブラッド(UCI1.1)でした。チームの最高位は、クロエ・ホースキングの7位。萩原麻由子は、トップから8分56秒差の68位。苦手なコースではありましたが、思うような走りができず、チーム全体の結果としても悔しさが残るレースとなりました。次戦は、3月2日のLe Samyn des Dames(ベルギー)で、萩原は、このままベルギーに残りトレーニングを積んで挑みます。

Thank you for photos, Ken Hashikawa, Bart Hazen/ Wiggle HIGH5

DSC_1435

DSC_2599

10399074_1154264551293153_3651651191713179213_n

12804711_1154264331293175_8235760949934690567_n

DSC_2778

ベルギークラシックレース出場 欧州2016シーズンがスタート

オンループ・ヘット・ニュースブラッド出場決定
4年目の欧州レースシーズンが開幕!

スペイン・マヨルカ島でのトレーニングキャンプを終えて、今週末2月27日(土曜日)のオンループ・ヘット・ニュースブラッド(UCI1.1)から、萩原麻由子のヨーロッパでのレースシーズンが開幕します。

萩原麻由子は、1月末のアジア選手権ロードレースを終えて渡欧し、拠点としているドイツから、2月上旬に温暖なスペイン・マヨルカ島へと移動しました。そして、険しい山岳を組み込んだ自主キャンプを経て、ウィグル・HIGH5チームのキャンプに参加したあと、2月25日、ときおり雪の舞うベルギーに到着しました。

萩原にとって、ウィグル・HIGH5での今季初戦となるオンループ・ヘット・ニュースブラッドは、ベルギーのクラシックレース初戦となり、同日に男子と女子のレースが開催されます。女子のレースは123.8kmで争われ、男子と同様に長い石畳区間や、最大勾配20.3%、石畳に覆われたパテルベルグなどの急坂も9つ、コースに組み込まれています。

●公式ホームページ
http://www.omloophetnieuwsblad.be/nl/elite-women

またシーズン序盤のレーススケジュールが確定しました。ベルギーのクラシックレースを2戦走ったあとは、3月20日にイタリアの山岳部で開催される女子のUCIワールドツアーレースであるトロフェオ・アルフレド・ビンダに出場予定です。

4月までのレーススケジュール(予定)

2月27日 Omloop Het Nieuwsblad ベルギー、UCI1.1
3月2日 Le Samyn des Dames ベルギー、UCI1.2
3月20日 Trofeo Alfredo Binda – Comune di Cittiglio イタリア、ワールドツアー
3月30日 Pajot Hills Classic ベルギー、UCI1.2
4月4日 Grand Prix de Dottignies ベルギー、UCI1.2
4月12日 Durango-Durango Emakumeen Saria スペイン、UCI1.2
4月13-17日 Euskal Emakumeen XXIX Bira スペイン、UCI2.1

萩原麻由子のコメント
「いよいよ明日から欧州春のクラシックシーズン開幕戦、自身にとっても欧州シーズンの始まりとなります。

今年もチームに強豪選手が新たに3名加入し、さらに戦力を増しました。チーム内での選考も年々厳しさを増しています。 また今年は五輪イヤーとあり、例年とは少し違う雰囲気を肌で感じています。 この中で選考される一つ一つのレースでチャンスを掴めるよう、全力を尽くし自分の役割を果たそうというのが今の心境です。

春のクラシックレースは気候、コース共に難易度が高く一年で最も厳しいシーズンとも言えます。 レースを進めるなかで、チームの成功を掴むために、自分たちアシスト陣が序盤からどれだけ働けるかも非常に重要となります。 私にとっては今シーズンの行く末が決まるレースでもあるので、しっかり評価を得られチャンスを掴めるよう全力で戦ってこようと思っています。 応援のほど、よろしくお願いします」

アジア選手権大会 個人ロードレースで銅メダル獲得

1月23日、東京都大島町で開催されたアジア選手権大会エリート女子・ロードレースで、萩原麻由子(ウィグル・HIGH5)が3位入賞。勝てなかった悔しさを抱えながらも表彰台に上がり、銅メダルを受け取りました。

11.9kmの周回コースを9周回する107.1kmで開催されたエリート女子のロードレース。アジア各国から集まった40名の強豪選手たちがスタートラインに立ち、気温5度前後の厳しい寒さのなか、アジアナンバーワンを決める、年に一回の大切な大会がスタート。日本からは萩原のほか、3選手が参加。4名で日本代表チームが編成されました。

序盤は大きな動きがなく、レースはゆっくりと進み、中盤になり少しずつアタックがかかり始めます。そして残り2周回に入った登坂区間で、萩原がアタックを仕掛け、ライバルである韓国のナ・アルム選手が追走。2選手が集団から抜け出す形でレースが大きく動きました。優勝候補2選手による決定的な動きに、日本、中国から各1選手が追いつき、4名の先頭集団で後続からタイムを稼ぎます。そして、最後は4名によるゴールスプリントとなり、韓国のナ選手が優勝、萩原が3位でフィニッシュしました。

勝利だけを狙っていた萩原にとって、3位は負けであり、大きな悔しさの残る結果となりましたが、これから始まるヨーロッパでのレースシーズンに向けて、気持ちを切り替え、今まで以上の強い意志をもち前に進みます。ヨーロッパのトップレースやリオ五輪での活躍を大きな目標に、本格的な2016シーズンがスタートしました。

萩原麻由子のコメント
アジア選手権ロードレース、リオ五輪枠獲得へ向け戦いましたが、力およばず3位に終わりました。チームには全力を尽くしてもらいました。レース前半部から坂口選手を中心に、金子選手と共に韓国中心とした他国の攻撃から万全に守ってくれました。そして中盤以降の金子選手の渾身の攻撃から始まったレース、自らの攻撃、あとは自分が勝つだけの展開に持ち込みました。

しかし自分の力不足で、3位に終わりました。皆が全力を尽くしたレースを、最後私が全部台無しにしてしまった。不安と焦りから、頭ががんじがらめになってしまい、勝負に出きれなかった。そんな甘い攻撃で、勝負に勝てるはずなどない。

今回のレースは五輪枠獲得ということもあり、事前合宿や選考会を重ね、万全な体制でレースに臨みました。そのレースにチーム全力で臨み、負けてしまった。そして一位の韓国のナ選手の強さと、韓国チーム力の前に屈しました。これは今回のチームのエースとして選んでもらった私の責任であり、負けてしまった結果はもう変わることはありません。

しかし、皆の力により3位に入ることができたという事も、変わらない事実です。女子のロードレース五輪枠獲得の期限は5月31日まで続きます。今できることは、この期間内にUCI国際レースで入賞し、できるかぎりUCIポイントを加算していくことです。そして個人ランキング100位以内、もしくは国別ランキングで22位以内に入ることです。

今回の皆の努力で得ることができたアジア選手権3位のUCIポイントを元に、これから始まる欧州でのレースでUCIポイントを獲得し、必ず五輪出場枠を国にもたらすという覚悟を心に誓いました。そして一枠でも多く獲得し、チームとして五輪を戦いたい。これは私の変わらぬ目標です。今回の負けを力に変え、これから始まる厳しいシーズンへ、心を引き締め直し臨みます。

遠方より大島にてご声援頂きました皆さん、ありがとうございました。失敗を明日に生かし、これからも精進します。

 

大会の詳細は以下をご参照ください。
●公式ホームページ
http://cycling-championships.asia
●日本自転車競技連盟ホームページ
http://jcf.or.jp

 

今回のアジア選手権エリート女子カテゴリーでは、ロードレース優勝国にリオ五輪の特別出場枠が与えられるルールがあり、日本はそれを逃すこととなりましたが、リオ五輪の出場枠は、5月末日のUCI国別、個人、両ランキングにより最終的に決定します。現在、萩原は個人ランキングで上位にいますが、出場枠を確実なものとするために、今季の前半戦はUCIポイントを稼ぐことが、大切な目標となります。

今後は、2月初めに活動拠点であるヨーロッパへと渡り、スペイン・マヨルカ島で開催されるチームキャンプに参加し、ヨーロッパでの今季初戦は、2月28日にベルギーで開催されるオンループ・ファン・ヘット・ハゲランド(UCI1.1)の予定です。

今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いします。


写真:レースコースの半分は海岸線沿い。海を見ながらゆるやかなアップダウンを繰り返す


写真:アジア選手権大会・エリート女子ロードレースの表彰式

アジア選手権・個人タイムトライアルで優勝

1月21日、東京都大島町で開催されたアジア選手権大会 エリート女子・個人タイムトライアルで萩原麻由子(ウィグル・HIGH5所属)が優勝。個人タイムトライアルのアジアチャンピオンに輝きました。アジアチャンピオン獲得は2010年トラック競技であるポイントレースでの優勝以来です。

女子エリート・個人タイムトライアルのコースは海岸線に沿って北上し、同じ道を折り返す11.2kmのコースを2周回する22.4km。序盤から韓国のイ選手がトップタイムを刻みながら快走していましたが、残り5kmを切ってから、萩原がタイムを挽回。最終的には0.21秒という僅差ながら、最終走者として走った萩原が最速タイム(32分25秒17/平均時速 41.45km)を出して優勝しました。

萩原麻由子のコメント
「今日は行きが追い風で帰りが向かい風。練習のときとは逆で、思ったよりもスピードが出て、自分のペースが速いかな? と錯覚してしまった。最初の折り返しでトップから10秒差が付いていたため、踏み始めたが、思ようにスピードは上がらず、自分のエンジンがかかるまでに時間がかかってしまった。最後の折り返し(残り6.1km地点)で聞いたタイム差は6秒差。少しタイムが縮まっていたので、このまま踏み続ければいけるかなと、最後まで焦らないように全力で踏み続けた。

23日に開催されるロードレースが本番。しばらくレースに出ていなかったが、今日のレースで身体のエンジンがかかったと思うので、いい形で当日を迎えたい。優勝しか考えていないので、チームで全力を尽くして戦いたい」

アジア選手権は23日(土曜日)に、リオ五輪の特別出場枠がかかったエリート女子・ロードレースが、個人タイムトライアルと同じく東京都大島町で開催されます。日本代表チームは、萩原のほか、3選手が出場予定となっており、チーム一丸となって、日本の優勝を狙います。

大会の詳細は以下をご参照ください。
●公式ホームページ
http://cycling-championships.asia
●日本自転車競技連盟ホームページ
http://jcf.or.jp

今後とも皆さまのご支援をよろしくお願いします。

アジア選手権に日本代表として出場決定!

1月19日より、日本・伊豆大島で開催されるアジア自転車競技選手権大会(以下、アジア選手権)ロードレースで、萩原麻由子が日本代表として出場することが決定しました。

アジア選手権は、毎年開催国を変えて、年に一度開催されている大会で、今年で36回目の開催となります。その名前のとおり、アジアナンバーワンを決めるアジア大陸最高峰の大会で、日本での開催は2008年の奈良大会以来となります。

今年のアジア選手権ロードレース・エリート女子では、優勝国に8月に開催されるリオ五輪の出場枠が与えられる特別ルールがあり、また2位以下となった場合においても、リオ五輪出場枠獲得に向けて非常に重要な大会となり、オフシーズン明けとなりますが、萩原は本大会に照準を絞り、トレーニングを重ねてきました。

レーススケジュール
1月21日 10:00〜 個人タイムトライアル・エリート女子
1月23日 12:00〜 ロードレース・エリート女子

萩原麻由子のコメント
「今回アジア選手権出場が正式に決定し、大会へ向けて集中し準備を進めている日々です。昨年9月の鎖骨骨折からの復調に苦戦していた時期もありましたが、自分の明確な目標と周囲のご協力に助けられ、アジア選手権のスタートラインに立てることを誇りに思います。

あとは日本チーム一丸となり、優勝を目指し死力を尽くして戦ってきます。母国でのアジア選手権、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます」

大会の詳細は以下をご参照ください。

●公式ホームページ
http://cycling-championships.asia
●日本自転車競技連盟ホームページ
http://jcf.or.jp

2015年「日本スポーツ賞」競技種目別、最優秀選手賞を受賞

その年に活躍したスポーツ選手を表彰する「日本スポーツ賞(読売新聞社主催)」で、萩原麻由子が自転車競技の最優秀選手賞を獲得しました。レスリングの伊調馨選手が大賞を受賞しています。

萩原麻由子のコメント

「この度日本スポーツ賞優秀選手に選んで頂き、とても光栄に思います。これからもさらなる活躍をし、より多くの方々に良い知らせを届けられるよう、また一人でも多くの方にこの競技を知ってもらえるよう精進したいと思います」

_CAT0046

 

 

タイでのオフトレーニングから、2016シーズン始動

_CAT0138

女子ロードレース界最高峰のステージレース「ジロローザ」でのステージ優勝や全日本選手権ロードレース優勝などUCIレースで3勝を挙げた2015シーズンを終え、現在、萩原麻由子はタイ北部のチェンライで、2016シーズンに向けた自主合宿を行っています。

9月中旬の落車による鎖骨骨折、手術により、リハビリを行っていましたが、傷は回復し、タイでは本格的なトレーニングを開始、1月のアジア選手権を目標に厳しい乗り込みを行っています。

●今後のスケジュール
〜1月4日 タイでの自主合宿
1月8日〜12日 日本代表選考合宿@伊豆大島

(日本ナショナルチームに選ばれた場合…)
1月21日 アジア選手権個人タイムトライアル エリート女子@伊豆大島
1月23日 アジア選手権ロードレース エリート女子@伊豆大島

今年のアジア選手権ロードレースのエリート女子カテゴリーでは、8月に開催されるリオオリンピックへの特別出場枠が優勝国に与えられます。リオ五輪での活躍を2016シーズンの大きな目標に掲げる萩原にとって、とても重要な大会となります。

●萩原麻由子のコメント
「2016年はリオオリンピックへ出場し、表彰台を狙って勝負したいと思っています。そのために、アジア選手権や全日本選手権はとても大事になってきます。出場枠を獲得し、自他ともに認められる形で、リオオリンピックへ挑みたいと思います」